おもろいやん速報

2ちゃんねる・5ちゃんねるから面白いネタを集めています。
生活、芸能、スポーツ、政治、経済、男女、ジャンルは問わず。

    2017年12月



    https://ferret-plus.com/9293

    ベトナムのSNS事情についてまとめられて記事です。

    記事中紹介されているタイよりも日本に近く、国産サービスの浸透もしていないということでマーケティングの考え方も持ち込みやすいのかなと思いました。
    また、確かにアジアで区切って考えてしまっていたので国ごとエリアごとに違うことを認識しなければ海外は語れないなと改めて感じました。


    (紹介できる記事が内容の薄いものですいません。。
    追加で簡単なものの共有ですが、LINELIVEのデータが
    一部公開されたようです。
    https://markezine.jp/article/detail/27715



    http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/index.htm

    統計局による昨年実施の調査結果が更新されました。
    無償労働での男女差がある部分を「家事がー」ではなく「食事管理が―」などもっと掘り下げてみていかないと真の解決にはたどり着かないのだなと改めて思いました。


    47都道府県ランキングは学生時代なら、「なぜそれを調査したんだ…」と思うようなこともあるのですが、価値ある所には価値のあるデータなのだろうなと思います。

    https://www.advertimes.com/20171225/article263425/

    テレビ視聴率の計測が変わることと、共通指標が作られることについて触れた記事です。

    記事中でもあるようにテレビがあって、デジタルがあるという現状からテレビとデジタルが同列に語られる日が来るかもしれません。
    ただ、一般視聴者にとってのテレビの権威がある限り、テレビによる接触とネット広告による接触が持つ重みは違うと思いますので指標がそのまま使われないような気もしますが…
    (テレビで言ってた、という言葉の重みが頭から消える気がしないです。)
    ともあれ、テレビとデジタルの比べられ方が変わることでデジタル側もより指標を気にしていく必要があるかなと思いました。

    [caption id="attachment_359" align="alignnone" width="600"] OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

    https://eczine.jp/news/detail/5316

    LINEアプリ内からシェアバイクが利用できるようになる…?という記事です。

    そういえばある大学ではCOGOO(コグー)https://cogoo.jp/
    というサービスがあったのですが大学構内のみでの利用という約束が破られルールを守らせることに苦労をしていたイメージだったのでLINEがどういう施策でそこをクリアするか気になります。



    https://webtan.impress.co.jp/e/2017/12/20/27803

    中国デジタルすごいシリーズの記事です。

    『ジーマクレジットスコア』は少し監視社会的な側面があるようにも感じますが、「与えよ、さらば与えられん」の考え方がデジタルの発展と制度化によって実現しているという風にも感じられました。

    データの価値が向上したことによりサービスが安価に出来るようになったこともそうですが、
    デジタルを直接的に利用して便利、というより、デジタルがあるからそれを組み込んで利用して仕組みとして便利という状態が今の中国なのかなと思います。



    個人としては、デジタルを利用することのの可能性の引き出し方を多く学び考えられるようになる必要性を感じました。

    このページのトップヘ